もぐらくんの生活

仮想空間「もぐら堂」で日々の生活をボチボチ綴っています。

FIREFOXの上位版WATERFOXとBRAVEという二つのブラウザについて

もぐらです。
ご訪問してくれる皆さん、
さらに、コメントを残してくれる皆さん
また、人知れず応援してくれる皆さん
そして、何よりも「もぐらくん」をささえてくれる皆さんに、
とてもたくさんのどうもありがとう。\(^_^)/

 

もぐら地方、日差しが見えない日々が続いていますが、いつになったら夏になるので

しょうか?

もう、1週間を待たずして夏休みに入りますが、子供たちのプール開きは未だのよう

です。

もぐらの方はお陰様で、明日の病院には行けそうです。

ただ、リハビリの方は体力が戻らないのでしばらく無理のようです。

なんだか、子規の「病牀六尺」のような記事が続いていて、ちょっと、申し訳ない

ような・・・。

 

さて、ブログだけで無く、インターネットの世界ではブラウザーの選択によっては

かなり効率が変わります。

 

現在のところはシェアーはGOOGLE CHROMEが既定と言って良いと思いますが、

CHROMEはキャッシュという予備情報をたくさんしまい込んでしまうので、重く

感じられるようになります。

 

そこで、軽快なブラウザー競争が行われていますが、その中でタイトルの二つを

使ってみました。

WATERFOXはご存じFIREFOXの上位版でFIREFOXと同機能+新機能、そして何

より64ビットプログラムソフトなので、現在Windows 10は64ビットですから、

自ずと処理が早いです。実感ではインストール直後の状態でCHROMEよりちょっと

早い感じです。

 

次のBRAVEは広告を表示させないという無料のブラウザーですが、インストール

して立ち上げると、動作が軽い上に、デフォルトで広告が出ません。

このブラウザーは面白い仕組みになっていて、WEB上の広告は排除するのですが

広告主が費用を払ったものに関しては、表示させるというもので、しかも理念では

広告主の費用を閲覧者に報酬として支払うという、三方WINの考え方で運営されて

います。現時点では閲覧者に報酬が支払われるわけでもなく、広告主からの報酬も

無いそうなので、理念でしかありませんが、早くて、広告をカットしてくれる機能

は有効なので、インストールして場面により使い分けるという方法に向いています。

 

先のWATERFOXはFIREFOXを既定にしている人を考慮して作られています。

操作が同じなので迷わないと言う利点があります。

 

とりあえず、復活の様子見に軽い記事を書いてみました。

興味のある方はご参考に。\(^_^)/

 

おかげさまで、峠を越えたようです。\(^_^)/

もぐらです。
ご訪問してくれる皆さん、
さらに、コメントを残してくれる皆さん
また、人知れず応援してくれる皆さん
そして、何よりも「もぐらくん」をささえてくれる皆さんに、
とてもたくさんのどうもありがとう。\(^_^)/

 

突然の体調不良でしたが、皆様の応援のおかげで、峠を越えたような気がします。

だいぶ体力が減りましたが、なるべく体力を付けたいと思います。

最終的には自己治癒力の問題なので、あるものは大切に、減ってしまったものは、

代替物で補うなど、上手くやりくりしたいと思います。

呼吸の方はまた少し下がってしまったようです。前水準に戻る事は無いので、呼吸力

だけはさらに気をつけないと・・・。

こうならないように十分気をつけていたのですが、つい働いてしまうので、疲れが

たまってしまったのでしょう。

肺炎にならなかったのは不幸中の幸いで、なっていたら、人口が-1になっていま

した。

冗談で無いところが、もぐらのブログの良いところです。(笑)

長らえた時間分、有り難く、もうしばらく療養したいと思います。

皆様も日々、良いことばかりでは無いでしょうが、良くないことは、すぐに箱に

しまって鍵を閉めて捨ててしまいましょう。無駄な事に費やす時間はそうそう

あるものではありません。

より多くの素敵な時間を過ごせるように、ベッドからですが、もぐらの幸せリュック

から幸せを蒔きますから、たくさん浴びてください。\(^_^)/

・・・

今後はyahooブログの方にコメントすることは止めます。消えるコメントを綴る気

にならないからです。ご了承ください。<(_ _)>

 

真面目に寝込んでしまいました。過労のようです。しばらく、もぐら堂医院に入院します。

もぐらです。
ご訪問してくれる皆さん、
さらに、コメントを残してくれる皆さん
また、人知れず応援してくれる皆さん
そして、何よりも「もぐらくん」をささえてくれる皆さんに、
とてもたくさんのどうもありがとう。\(^_^)/

 

ちょっと知らないうちに、疲れが蓄積していたようです・・・。

背中に炭俵を背負っているような、芯からの疲労を感じています。

皆様のところにはしばらく、伺えそうにありません。残念!

ご心配には及びません。

必ず再起します。

 

皆様には今年後半もご自愛いただき、ご活躍を祈っております。

 

もぐらの「幸せリュック」から皆様に幸せを降り注ぎますから、ちゃんと受け取って。

\(^_^)/

もぐらくんは現在呼吸リハビリを頑張っています。

もぐらです。
ご訪問してくれる皆さん、
さらに、コメントを残してくれる皆さん
また、人知れず応援してくれる皆さん
そして、何よりも「もぐらくん」をささえてくれる皆さんに、
とてもたくさんのどうもありがとう。\(^_^)/

 

折角皆さんがナイスマークやコメントを書いてくれているのですが、現在もぐらは

呼吸筋リハビリテーションに専念しております。かなり疲れてしまうので、大袈裟に

言うと寝ているか、リハビリかで毎日が流れておりまして、皆様の愛情にお応えする

ことが出来ていません。

訪問さえも、出来ておらず申し訳ないと思っております。

 

もぐらの雑文も体力・体調あって書けることなので、ご理解いただけると幸いです。

天候も安定しませんが、疲れの出やすい時期でもあります。

皆様には、十分ご自愛いただけますよう。 \(^_^)/

 

面倒だなぁ。もぐらであることの証明。

 もぐらです。
ご訪問してくれる皆さん、
さらに、コメントを残してくれる皆さん
また、人知れず応援してくれる皆さん
そして、何よりも「もぐらくん」をささえてくれる皆さんに、
とてもたくさんのどうもありがとう。\(^_^)/

 

自分を証明することの難しさは今も昔も変わらない。

 

証明の基本原理は信用である。

信用の証に一定の権限を持った機関が信用証を発行する。

信用証を発行できるのはある基準なり、権限を付与された機関に限られている。

そのことを国民が一応、信用を共有しているので、証明書として機能する。

絶対的な人間の証明書は作成できない。

遺伝子レベルでも、証明できるのは人類かどうかと言うことか、他の人類との関係性

までしか分からない。

 

もぐらである事の純粋な証明はもっと難しい。

見かけがもぐらである事は認めても、個体識別と認証が出来ない。

もぐら界で一番大切なのは、信用である。その信用というのはお互い顔見知りと言う

ことで成立している。

 

人間界で言うところの顔パスである。顔パスは下手な証明書よりよほど信用がある。

 

最近、マイナンバーカードを申し込む人が激増していると聞いた。

残念ながら理由は知らない。何でも身分証明(身分証明という言葉は止めたいね。

本人証明で良いだろう。いわゆる、正式な身分証明書を発行して貰う事は一般の人は

そんなに無いと思う)として何にでも使える唯一のカードなんだそうだ。

健康保険証を本人確認に使っているという時代錯誤も併存している中、パスポートを

国内で常時携帯しているのも面倒だし、危険だ。

 

自動車運転免許証は本人が保持していないと不便だし、今後どんどん増えて欲しい

返納と返納後の過去の証明であった旨の文言が入った物は、本来はかなり価値が高い。

運転できない本人証明書ほど価値がないものはないので、結果として価値がある。

ただ悪用されないとも限らないし、紛失するとこれまた面倒だ。

 

 

翻って、マイナンバーカード住所・氏名・顔写真があり、窓付きケースに入っていて

マイナンバーは見えないようになっているそうだ。・・・。

 

21世紀でしょう?

日本国籍を持った日本国民全員にマイナンバーだけが記録されたチップカプセルを

生体に埋め込みましょうよ。

ほれこそ本人証明じゃないか!

 

紛失の恐れ無いし、認知の人が行方不明になり、折角保護されたのに、名前も住所も

伝えられず、自宅の近くの保護施設で最後を迎えるなんて事も減るでしょう。

 

悪用を考えたら、永久に便利にならない。

他人から、勝手に読み取られないように、読み取り妨害保護機能は必要だよね。

 

カードかカプセルか、選択肢はあっていいでしょう!

そういうことを考えて欲しいんですよ、国や頭の良い方には。

税務の為のフェイルセーフじゃなくて、国民の為のフェイルセーフを第一に。

何が根本か分かってから、応用を考えよう。

根本を哲学って言うんですよ。\(^_^)/

 

 

 

『三つ編み』 レティシア・コロンバニ 著 を読んでみたい

 もぐらです。
ご訪問してくれる皆さん、
さらに、コメントを残してくれる皆さん
また、人知れず応援してくれる皆さん
そして、何よりも「もぐらくん」をささえてくれる皆さんに、
とてもたくさんのどうもありがとう。\(^_^)/

 

もぐら地方は今日から梅雨でしょうか、しっとりと染み込むような雨が降っています。

このような天候は、もぐらの疾患にはあまり良い影響はないので、室内でゆったりと

過ごす事も習わなければなりません。

「静かに過ごす事を学びたまえ!」と言った哲学者がいましたが、場所がどこであれ、

非常に大切な事でしょう。

或る意味、臨機応変・緩急自在・自由自在という夢のような事を求めているわけで、

難しいけれども、是非とも、もぐらが身につけたい能力です。

 

ところで、現実には大規模な災害に繋がる大雨が降っている地方があると言うこと。

とても心配になります。

少しでも多くの人の、少しでも多くの幸せの為に、残余の時間を費やしたいもぐら

としては毎日の情報に心痛むことばかりで、最終的には黙ってしまう。

言葉による表現に本質的な信頼を、おそらくは持っていないであろうもぐらとしては

非力を嘆くところでもあります。

 

さて、タイトルの本ですが、著者はフラン人女性で映画監督や女優している方です。

ここでは著作について、言及することはありませんが、前回の黒川伊保子さんの

著書を読み始めて以来、今までフォローしていなかった分野にも興味が湧いてきま

した。

 

黒川さんの明快な研究により、人類が最低限2つの性を持って存在しているのでは

なく、別個の極性を持つ2つ以上の生物を人類とカテゴライズしていることに、

ハッキリ気が付きました。

 

科学的には単性生物が存在する以上、我々人類は多くの共通点を持った別生物と

認識しないと、永遠に同じ苦労をするのではなく、むしろ、誤った認識に基づいて

両生物の関係性が破綻していく危険があると思います。

 

同権・平等・公平など耳に優しく、自分の味方に思える概念を考えるときこそ、

尤も危険なときです。これらの用語を素人レベルで振り回すと、社会が崩壊します。

法と秩序もよく考えないと!

でも、人知れず、そーっと考える事が大切です・・・。\(^_^)/

 

 

黒川伊保子さんの本を読んでいます。

もぐらです。
ご訪問してくれる皆さん、
さらに、コメントを残してくれる皆さん
また、人知れず応援してくれる皆さん
そして、何よりも「もぐらくん」をささえてくれる皆さんに、
とてもたくさんのどうもありがとう。\(^_^)/

 

誕生日嬉しいなぁ~。なんて思っていて、なんだかボーっとしている間に、6月に

なってしまいました。

 

何かが変わったわけではないのですが、体調に従い、出来る範囲で、出来ることを

しかも、いつか出来そうなことはいつまでもやらない。今日できることさえ今日やら

ないという生活を送って見ましたところ、これが、なんとも自分に合っていると言い

ますか、快適になってなってしまい、本来もぐらにはスケジュールとか、規則正しく

とか、計画性を持ってなどという習慣が身についていなかったことに、ひとつ歳を

とった成果でもないのでしょうが、今更ながら気づきました。

 

気づいてみると、これが何というか、根本から自分がひっくり返ったような感じに

なりまして、結果論ですが、何かが大変楽になりました。難病は不治だけど(笑)。

自らを明らしめると言うことは、凄いことだと実感しました。

 

さて、日本語が大好き、ただし日本語で表現したり、されたことは、なかなか理解

できないもぐらでしたが、日本語を使用する日本女性語という言語を日本男性語に

翻訳すると言う凄いことをやってのけた人がいます。それが黒川伊保子さんという

学者なのですが、これがなんとも、したりでありまして、まさに幸運とも言えると

思いますが、高校時代の生物の先生に女性の理を受けていたもぐらは、その先生に

本当に感謝していますが、それから長い年月を経て、実証・実感・想像以外で、

きちんとした翻訳用の辞書が上梓されたのは、誠に喜ばしい事であります。

 

女性の側から、読んでみた感想が文章家の方から出ていましたが、場合によっては

女性が読んだ方が、女性の平和に繋がるというような事を書いているのですが、

もぐらもそう思いました。民族などの間で言語が相違する場合には、日仏とか日独

辞書はありましたが、人間の男女間の辞書というものは今まで書面では見たことが

ないような気がします。すごいですね。

ipsの山中教授に匹敵するような研究成果と言っても過言ではないと思います。

 

男子校ではありましたが、生物の先生が、当時高校生に向かって、頭が良いのは女性

です、生物としての肉体が強いのも女性です、長生きするのも、家庭内の実権を握る

のも女性です等々の知識を授けて貰ったもぐらたちは、苦労が多少とも少なくて済ん

だように思っています。

 

偉大な先生だったなぁ。奥村先生。\(^_^)/